コールセンターにはCRMが不可欠|絶対的な対応を実現

男女

電話受付の代行会社

男の人

電話の本数とコスト試算

電話代行は会社の人員の代わりに電話受付を行い、その情報を依頼主に返す代行受付業務です。少人数制の会社やメンテナンスをメインで行っている会社など、事務員を常に配置するのが難しい場合に効果を発揮します。料金は代行会社によって様々です。電話受付をし、折返しその情報を伝えるだけであれば格安ですが、システム処理を行ったり、受付をするなどの業務内容になれば当然単価が上がります。また従量課金の場合もあり、電話本数に応じて課金される場合もあります。さらに時間帯によって、休日や夜間受付は割高です。事務所に人員を配置したほうが安くなる場合もあるため、時間帯や状況に応じて自社と委託を使い分ける必要があります。顧客数などに応じてコスト試算をしないと、経費増大になることを懸念しなければなりません。

利便性は高い

個人経営や少人数経営では、顧客1件が重要な売り上げにつながります。少しでも多くの顧客のニーズに応えることが次のビジネスにつながります。しかし、24時間体制や常に事務所に事務員を配置する余裕がない場合もあります。社長の携帯電話に直接転送する方法もありますが、作業中ですぐに電話に対応することができない場合もあります。電話代行はそんな状況の強い味方になります。事務員を配置するよりコストがかからないため、電話代行を取り入れる方が確実なのです。メンテナンスなどを行う会社にも需要があり、異常事態は常には発生しません。そのため基本は電話受付を電話代行にしておくことでコスト的にも安くすることができるのです。